アメリカにおけるエアバス機事情

アメリカで一番早くエアバス機を導入したのは今は無きイースタン航空で1977年のことだった。しかし、その後暫くはエアバス機を導入するエアラインは現れなかった。現在はデルタ航空等が主力として使用している。
Model:AC N13983 A300B4-103 1/400

JAL 地方発国際線

JALは以前は地方空港からソウル線等の国際線を運航していた。特に印象的だったのが新潟-ハバロフスク線である。この路線はB727で運航されていたという点でも貴重である。今や地方発の国際線といえば外資系エアラインというイメージである。
Model:DW JA8232 B747-246 1/400

マニアックなモデル

ダイキャストモデルの世界では運航期間が短かった機体や、短命な航空会社のモデルなども製品化されている。モデル化されることによって、実機を知らなかったコレクターに注目されたりすることもあり、アーカイブ的な側面もある。
Model:BB N735PA B747-121 1/400

Braniff International DC-8

ブラニフ航空は1967年からDC-8を運航していた。他の機種同様に機体にはカラフルな"フライングカラー"が施されていた。日本へも飛来したことがある。彫刻家カルダーによる特別塗装機も存在した。
Model:AC N813BN DC-8-51 1/400

KLM Royal Dutch Airlines

KLMオランダ航空は1919年に設立された世界で最も歴史ある航空会社である。日本乗り入れも1951年と古い(当初の機材はL-049)。2004年よりエールフランス経営統合エールフランス-KLMが親会社となっている。
Model:PH PH-BFG B747-406 1/400